コーポレートサイトを型から考える

『コーポレートサイトを型から考える』という題名のブログのタイトル用画像です。

コーポレートサイトを制作するとなった場合には、どのような内容をサイトに掲載すべきなのでしょうか。企業サイト、いわゆるコーポレートサイトでは、基本の型=パターンがあります。基本のパターンを抑えた上で、目的や事業の変化にあわせてマイナーチェンジしやすいコーポレートサイトをご提案します。

コーポレートサイトとは?

いわゆる会社所在地や代表者情報といったごく基本的な情報と、事業内容についての情報をホームページに掲載します。会社案内や会社概要と聞けばイメージが付きやすいかと思いますが、どのようなコーポレートサイトでも会社名や代表者名、連絡先といった最低限記載すべき基本の項目があります。紙の案内や概要との違いは、インターネットを経由して直接お客様とつながりを持つことができる点、また、アナログな方法で資料配布することなく、サイトへアクセスしてもらうことで会社について知ってもらうことができるという点です。コーポレートサイトは、名刺代わりに情報のみを掲載するというよりも、お問い合わせに応じることが前提で制作することが昨今のスタンダードとなっています。

コーポレートサイトの基本項目

コーポレートサイトに会社案内としての役割をメインにもたせ、シンプルな構成にする場合には、以下のような基本項目のみのページ構成にします。

基本的な項目をのせたシンプルなコーポレートサイト

  • TOPページ
  • 事業案内・サービス紹介
  • お問い合わせページ
  • 会社概要
  • サイトマップ・プライバシーポリシー
  • 404ページ

このようなシンプルな構成は、後々コーポレートサイトの目的や掲載内容を変更したいといった場合にも、柔軟に変更や追加が可能です。コーポレートサイトを初めて持つという場合にも、この基本構成を固めることで、のちに肉付けすべきコンテンツのアイディアが思い浮かびやすくなります。また、サイトリニューアルを検討中であれば、この基本項目を中心に既存サイト内の残すべきコンテンツや、追加したり入れ替えたりするべき情報も見出しやすくなります。

コーポレートサイトのさらなる目的は? 共感を生むコンテンツがカギを握る

コーポレートサイトのさらなる目的とは何でしょうか。初めてサイトを持つ人やスタートアップ事業主さまにとっては良くわからないことも多く、逆にどんな目的が多いのか制作会社から教えて欲しいと考えることもあるでしょう。
最もよくあるコーポレートサイトの目的は、会社案内のような要素を一方的に掲載するのではなく、コーポレートサイトから集客を行い売上につなげたいということでしょう。また、採用活動をコーポレートサイトを通じて行いたいといったご要望も多くあります。

集客重視のコーポレートサイトならサービスのコンテンツや投稿を利用してエピソード的な情報を充実させる

サービス内容についてコンテンツをより詳しく掲載することが、コーポレートサイトからの集客には欠かせません。サービス内容の詳しい情報についてはもちろん、価格や決済の方法、サービス申し込みまでの流れ、よくある質問など、訪問者のかゆいところに手が届く情報を掲載することが鍵です。商品利用の背景やエピソード集(投稿ページやコメント付きでもよいですね)をのせたページを作成したり、商品開発のコンセプトから完成に至るまでのちょっとした情報を公開したりと、お客様の『へぇ~、そうだったんだ~』『こんな使い方もあるんだ!』というような共感できるコンテンツがコーポレートサイトへの集客を生み出します。

  • 事例・実績紹介
  • FAQよくあるご質問
  • 利用者の感想・声
  • お申し込み(ご契約)の流れ
  • ブログ・コラム
  • お知らせ

採用重視のコーポレートサイトでは会社の理念や社員の生の声を伝えられるコンテンツが重要

新卒採用サイトでよくある形式は、企業理念やビジョンを掲げ、働きがいや社内の雰囲気を伝えるコンテンツを掲載するというパターンです。理念を文面で掲載することはもちろん、動画をあわせて設置することでより効果的に伝えることが最近のトレンドでもあります。しかし、企業側の伝えたい情報を一方的に掲載する採用ページが数多くあるのも事実です。
中途採用の求人の場合は特に、実務的な業務内容を具体的に掲載するのはもちろんのこと、入社後の働き方や福利厚生についての情報をできる限り充実させることで、採用情報が求職者の目に止まりやすくなります。例えば、従業員が実際に制度を利用した時の状況について載せることで、就業後に安心して働けるイメージがされやすくなります。昨今の働き方の多様化を考慮した時、育児や介護といったワークライフバランスの問題に直面した際の具体的な対応事例を掲載することで、応募者からの安心感を得るようなサイトづくりはより重視されることでしょう。面接で詳しくお伝えするという方法もありますが、公開できる範囲で良い面だけでなく、泥臭さもあわせて掲載し会社のリアルを伝えると、採用におけるミスマッチも減らすことに繋がります。

  • 採用情報
  • 応募から面接・採用までの流れ
  • 採用に関するFAQページ
  • 社内制度・福利厚生について
  • 働きがい、福利厚生や制度の利用例を伝えるページ
  • 採用お知らせブログ

WordPressでコーポレートサイトを制作するメリット

WordPressならコーポレートサイト完成までの期間が早い

基本の型を考えた時、0からサイトデザインしてサイトを構築するよりも、ある程度の導線まで出来上がったテンプレートのようなものを利用することでサイト完成までの期間を短縮することができます。テンプレートというと、決まった型でカスタマイズ性が低く、写真と文言のみしか変更できないと思われがちですが、実際にはそのようなことはなく、デザインの自由度もあり、カスタマイズも可能です。テンプレートは悪者扱いされることもありますが、サイトを初めて制作される方にとっては、その方のビジネスに当てはめることで出来上がりのサイトイメージがしやすく、また修正して欲しい箇所を早く見つけだせるといったメリットがあると当社は考えています。テンプレートはとても便利なものですが、テンプレートから完成したサイトはテンプレート通りの型にはまっただけのサイトではなく、完全にオリジナルなデザインのものができあがります。

WordPressでコーポレートサイトの更新や情報発信がしやすい

ワードプレスはもともとがコンテンツ更新システムであるため、コーポレートサイトからの集客や採用といった目的をお持ちの場合には活用次第で威力を発揮します。WordPressは便利なことに、カテゴリー別で記事を投稿したり、お知らせやニュースとして独立した形で投稿させたりすることも可能で、情報の整理もしやすいことから、世界中のサイトの40%以上で利用されているコンテンツ管理システムです。
このシステムを利用してコンテンツを増やしていくことによって、ピンポイント、あるいは様々な角度からの投稿が増えると、サイト訪問のきっかけを増やすことにつながり、サイト訪問者が増え、ビジネスや採用につながっていくのです。

WordPressでのコーポレートサイト制作はSNSへの自動投稿も簡単にできる

WordPressは拡張性も抜群です。TwitterやInstagramといったSNSへのボタンや投稿を自動的にSNSへ自動的に投稿する機能など、さらに潜在的なニーズにリーチが可能になります。WordPressとの親和性が高い機能を用いることでコストをかけずに集客可能なサイトを持ちたい、というニーズに合わせたサイトへ発展させることが可能です。

【おまけ】コーポレートサイトをElementorで制作すると、事業変化にも対応しやすい

コーポレートサイトのマイナーチェンジは必至!WordPress x Elementorでスマートに

WordPressを用いたコーポレートサイト制作は型から選ぶのに適しており、制作期間を短くすることに長けていますが、コードを書かない手法でさらなる納期短縮が可能です。 コードを書かない手法=Elementor(エレメンター)を用いた制作をすることで、実際の構築中サイトをリアルタイムで確認しながら制作をおこなったり、ミーティング中にその場で修正を加えたり、制作期間を大幅に短縮することが可能です。コーポレートサイトは投稿やSNSのみが更新ではありません。htmlやcssといった専門知識を必要とせず、お客様自身でサイトのマイナーチェンジを行ったり、文言の差し替えをおこなったりと、改善のスピードアップが簡単にはかれます。

ビジネスは生モノ。Elementorでビジネスのフェーズに合わせたページの増減・変更も容易に!

エクスペクト合同会社のランディングページ制作の特徴を説明する動画です

ビジネスは時とともに変化する「生モノ」ですから 、時間の経過とともにサービス内容が変わったり、事業内容が変化したりするのは当然のことです。コードが不要なElementor(エレメンター)でのサイト制作が、ビジネスフェーズに合わせたページコンテンツの増減に役立ちます。
例えば、新規事業を立ち上げたのでサービスのページを追加したい、引っ越しをしたのでご挨拶と住所・地図を更新する必要がある、といった場合です。

Elementorを用いた制作を行い、ツールをある程度使いこなすことができれば、htmlやcssといった専門性の高い知識がなくても、コーポレートサイトの情報を常にフレッシュな状態にしておくこと、タイムリーなサイト運用を行うことは難しくありません。また、長期的なコストも大きく削減が見込めます。サイトを訪れるお客様にとっても情報が整理された良いサイトになりコーポレートサイトはより活性化されていくはずです。

【まとめ】

コーポレートサイトの制作やリニューアル時は、基本項目から

  • 【基本項目】TOPページ
  • 【基本項目】事業案内・サービス紹介
  • 【基本項目】お問い合わせページ
  • 【基本項目】会社概要
  • 【基本項目】サイトマップ・プライバシーポリシー
  • 【基本項目】404ページ

集客や採用をコーポレートサイトを通じて行う場合には、共感を生むコンテンツがカギを握る

サービスページを充実させて集客をはかる場合

  • 【サービス】事例・実績紹介
  • 【サービス】FAQよくあるご質問
  • 【サービス】利用者の感想・声
  • 【サービス】お申し込み(ご契約)の流れ
  • 【サービス】ブログ・コラム
  • 【サービス】お知らせ

採用をコーポレートサイトを通じて行う場合

  • 【採用】採用情報
  • 【採用】応募から面接・採用までの流れ
  • 【採用】採用に関するFAQページ
  • 【採用】社内制度・福利厚生について
  • 【採用】働きがいや福利厚生や制度の利用例を伝えるページ
  • 【採用】採用お知らせブログ

コーポレートサイト制作をWordPressxElementorで行う5つのメリット

1)サイトを制作そのものの時間を短縮出来る
2)サイト制作途中の変更や追加にも対応しやすい
3)サイト公開後、運用フェーズの段階でも修正しやすい
4)ビジネスの成長に合わせたサイトのマイナーチェンジがしやすい
5)サイト制作から運用、リニューアルに至るまでのコストにも圧倒的な差が生じる

コーポレートサイトのホームページ制作・リニューアルなら、エクスペクト合同会社にお任せください!

  • ホームページは初めて持つので何から始めたら良いのか不安…
  • 現在のホームページは情報が古くなってしまって、ブログ以外のページの修正が出来ない…
  • 特徴や強みが思いつかない…

そんな場合には、是非当社にご相談ください!ご相談は無料です。
エクスペクト合同会社はこれまでに1000件以上のホームページ制作に携わってまいりました。製品やサービスの特性を踏まえた最適なホームページ制作・リニューアルのご提案をいたします。

当社の制作は、エレメンター(Elementor)を用いた制作が特徴で、短納期で低価格を実現し大変ご好評頂いております。実際の構築中サイトご確認いただきながら制作をおこなったり、ミーティングを行いながらその場で修正を加えたり、直感的な操作性をその場で実感いただきながら制作を行っております。直感的な操作が可能なエレメンターを用いた制作はサイトの公開後もお客様ご自身でページの編集が可能なため、長期的なコスト面でもメリットがあります。パソコン操作に苦手意識がお有りの方でもサポートいたします。

Elementorのコツを掴んだお客様はご自身でのサイト修正はもちろん、次なる事業展開に必要なツールとしてエレメンターを取り入れ、DXを早々に実現していらっしゃいます。もちろん、当社でサポートいたします!

是非、お問い合わせください!

【ワードプレスでホームページ制作】ワードプレスでのサイト構築のヒント満載!

柳内郁文

エクスペクト合同会社 代表社員 アパレル商社、証券会社、IT関連・広告関連企業の役員を経て2017年に独立。 今まで1,000サイト以上に携わる。
  • 投稿カテゴリー:COLUMN
  • 投稿の最終変更日:2021年10月21日