WordPress(ワードプレス)のECサイト化を検討するなら -そのメリットを考慮する-

WordPress(ワードプレス)はブログなどの記事投稿ツールというイメージされる方も多くいらっしゃるでしょう。

今や世界のホームページの40%以上がワードプレスで制作されています。従来のホームページの制作方法であるHTMLをベースにワードプレスの投稿機能のみを利用しているサイト、WordPress(ワードプレス)をベースにしたコーポレートサイトやECサイトまで、そのシェア拡大の勢いはとどまるところを知りません。

この記事では、もともと記事投稿ツールであったワードプレスのシェア拡大の理由を紐解くとともに、昨今お問い合わせの増えているWordPress(ワードプレス)ECサイト化について考えてみます。

WordPressは記事を投稿するために作られたシステム

WordPress(ワードプレス)は無料のCMS(システム)です。
もともとはブログなどの記事を投稿するために作られたシステムで、記事の投稿のしやすさと、無料のオープンソースであることから、プラグインが開発、提供されることで更に使いやすくなり、世界中のホームページで利用されています。

このシステムの良いところは、投稿機能を使ったホームページ公開後のサイト更新しやすさという点にあります。しかもWordPress(ワードプレス)であればワードで文章を書く感覚でホームページを更新することができます。

コーポレートサイトを例にとると、ブログの機能を使って「年末年始休業のお知らせ」や「新サービスのお知らせ」といったお知らせを発信したり、ブログそのものを更新していくことにより、ユーザーは有益な情報を求めてこまめに企業のホームページをチェックするようになります。企業側は、会社やサービスに興味を持ってもらう入り口を増やすことで、結果的に、お問い合わせをするきっかけも増えるのです。ホームページで上手に集客されていらっしゃる企業の多くは、この投稿機能を上手に活用しているところが多いと感じます。

WordPress(ワードプレス)に機能を追加する無数のプラグインが存在する

WordPress(ワードプレス)は様々な機能を拡張するプラグインを追加することで、サイト内の投稿以外の機能を充実させることが可能です。例えて言うなら、スマートフォンにアプリをダウンロードしてインストールするように、WordPress(ワードプレス)に欲しい機能のプラグイン(=アプリ)をダウンロード、インストールをすれば、簡単に機能追加ができます。

プラグインにはどのようなものがあるでしょう?

たとえば、馴染み深いものでいうとお問合せフォームを追加するプラグインがあります。
本来であれば、プログラム言語を駆使して作らなければならないお問合せフォームを、プラグイン一つで簡単に設置することができます。お問合せフォーム一つとってもプラグインの種類は様々で、「わたしはロボットではありません」といったSPAM対策をするプラグインや、お問い合わせをデータベース化するプラグイン、フォームからメーリングリストを作りステップメールを自動で送信するものまであります。

他には、サイトに投稿した記事をSNSと連携させて自動的にTwitterやFacebookで拡散するといったいったプラグインもあります。

投稿をSNSと連携させる機能についてこちらでも記事を書いています

WordPressをECサイト化するプラグイン

日本でネットショップといえば、ShopifyやBASEなどWordPress(ワードプレス)と連携が可能なプラットフォームや、モール型と言われるアマゾンやヤフーショッピング、楽天市場などがあります。ここでは純粋にWordPress(ワードプレス)の中にショッピングカート機能をもたせる(=プラグインである)という視点で考えるため、これらのサービスについては別の機会でお話します。

以下の2つの代表的なプラグインはいずれも、WordPress(ワードプレス)をネットショップ化するプラグインです。したがって、ネットショップだけを持つことも可能です。コーポレートサイトにネットショップを併設させて直接販売を実現したり、広告用のランディングページから直接購入可能な導線を作ったりと、非常に自由なカスタマイズが可能です。WordPressの強みをいかして、コンテンツを増やし、サイト内の情報を充実させて行くことで集客にも繋がりやすくなります。

Welcart -日本の会社が作ったプラグイン-

Welcart(ウェルカート)はワードプレスサイトにネットショップ機能をもたせる拡張プラグインです。無料で、開発会社が国内にあることから、日本を代表するWordPressをECサイト化するプラグインと言っていいでしょう。弊社が運営しているECサイトもこちらのシステムを利用したものがあります。魅力は無料でかなりの機能を使用可能であるということと、日本語でのサポートが充実していることです。

WooCommerce -WordPress公式のプラグイン-

世界のネットショップのシステム構成比率

弊社でオススメしているのは、WooCommerce(ウーコマース)です。こちらもWordPressをECサイトにするプラグインですが、世界中のネットショップ約30%の圧倒的なシェアをほこるNO.1のカートシステムです。残念ながら日本語での公式サポートはありません。しかしながら、Welcart同様に無料であり、ネットショップに必要な細かな機能が標準で装備され、テンプレートに頼らない自由なデザインで設計が可能です。

WooCommerceの開発支援には WordPressの母体であるAutomattic および Jetpack と WordPress.com の創業メンバーが携わっています。いわば、WooCommerceはWordPress公式のプラグインです。WooCommerceの圧倒的シェアの1つの理由もそこにあるのでしょう。

このコロナ禍でWordPressをECサイトにしたいというご相談が以前に増してふえていると日々感じています。結論から申し上げると、WordPressをECサイト化する波は止まらないでしょう。

WordPressでECサイトを持つのはこれからにネットショップをはじめる方にぴったり

第1の理由はランニングコストが抑えられる

WordPressは無料です。WordPress(ワードプレス)をECサイト化するプラグインも、上記の2つ以外にも無料のものがあります。ドメイン・サーバー料金だけでスモールスタートができるのが良い点です。最初からランニングコストも広告費もかけても良いという場合も稀にありますが、ネットショップを始めるほとんどの場合は、スモールスタートで、なるべくランニングコストのかからない方法を選択していらっしゃる方がほとんどです。

スモールスタートでかつブランディングがしやすいというのが第2の理由

ネットショップを運営し始めるといわゆる「カゴ落ち」防止のために様々な検証や改善を加える必要があります。カゴ落ち防止のための方法の1つとしてブランディングがあります。このブランディングをするのにWordPress(ワードプレス)は向いています。自ら情報を発信する地道な作業が必要ですが、商品のファンになってもらった状態=ピンポイントでこの商品を購入意思のある状態でショップに来てもらうことが可能になります。記事を投稿したらSNSに拡散することもWordPress(ワードプレス)であれば簡単に可能になります。

当社でおすすめするWordPress x WooCommerceは以下のような方におすすめ

これからネットショップを始めようと思っている方

前述しましたが、コストが抑えられて、ブランディングしやすいのがWordPress(ワードプレス)でECサイトを持つ魅力です。WooCommerce(ウーコマース)がさらに魅力的なのは、無料であるにも関わらず決済方法や販売方法の選択肢の多さもポイントです。また、自由なデザインが可能で、はじめから「カゴ落ち防止」を意識したデザインを取り入れられる点です。仮にデザインの変更があとで必要になったとしても、後からでも自由な変更が可能なところが最大のポイントです。

WordPressに限らず、既に利用中の無料サービスのシステムに限界を感じていらっしゃる方

ネットショップは運営してすぐの頃は「売れて嬉しい」ということしかないと思いますが、続けていくうちに「どうすればもっと売れるようになるのか?」「どうしたらもっと知ってもらえるのか?」「なぜこの人はカートに入れて買わないのか?」といったことに気づきが生じます。
この左にあるボタンが右側にあったらもっと良いのにとか、このカートのページをスキップしたらもっと買いやすくなるのではないかとか、固定費を抑えて決済方法を増やしたらどうだろうとか、ポップアップでクーポンを発行して購入につなげたいとか、買った人に別の商品をすすめるような機能が欲しいといった「欲」がでてきます。
しかし、既存の無料サービスでは無料が故、システムに制限がありできることできないことがあります。
具体的に「こういうことはできますか?」といった、ご相談される方がたくさんいらっしゃいます。すべてが希望通りに実現できるとは限りませんが、別の方法を利用することで解決することができるのがWooCommerce(ウーコマース)です。

エクスペクト合同会社では、WordPressxWooCommercexElementorで、自由なデザインでのネットショップ構築をご提案しています。ネットショップ構築する際には、ホームページ制作同様、ターゲット設定やキャッチコピーも大変重要な要素です。お客さまのビジネスの強みを引き出すコンテンツやコピー、カゴ落ちを防ぐ構成を考えご提案しながら制作を進めて行くことも可能です。

また、WooCommerce(ウーコマース)のスポット構築支援も行っています。

ネットショップ開業をご検討中の方やECサイトリニューアルについてお困りごとがございましたら、エクスペクト合同会社までお気軽にご相談ください。

また、WooCommerceについてこちらでも記事を書いています。

柳内郁文

エクスペクト合同会社 代表社員
アパレル商社、証券会社、IT関連・広告関連企業の役員を経て2017年に独立。
今まで1,000サイト以上に携わる。
  • 投稿カテゴリー:COLUMN
  • 投稿の最終変更日:2021年9月24日